2011年03月24日

福島原発について思うこと

福島原発。



何とか収束することを願うばかりだが、対応はこれでよかったのか
などと思ってしまう。


特に初期の対応。
自分たちだけで収めようとしていなかったか。
何とかできると思っていなかったか。

対応後の原子炉を廃炉にするわけにいかないので、考えられうる
限りの対策取り切れなかったのでないか。
即ち、廃炉にするつもりならもっと思い切った手を当初から
取れたはずではないか。


人はどうしても自分たちで何とか出来るなら、収拾させようと思って
しまうものだろうな。

特に、会社で利益を、給料をもらっている身としては守ろうとする
気持ちが働くのは否めない。

私も、これくらいは大丈夫なんてことは良くあるし。



今回のは規模が違いすぎるしな。

最初から考えうる限りの資源を外部に求めたらもっと違う展開は
なかったと思ってしまう。



ただ、現時点での行動はもうがんばってくれと言うしかない。
『Fukushima 50』だっけ、これらの人にはもうなんと言葉を
かけたらよいか。

頭が下がるばかりなんて言葉じゃ足りないよな。



自分だったらどうするだろう。
原発に関する知識がないことは置いといて、どこまで出来るか。
逃げ出したい気持ちとの葛藤があるだろうが、自分にしか出来ないと
思えばやるしかないのかも。




東電が情報を発信し始めてからは、政府とのやり取りで問題
あるようだ。

東電の報告に対しての政府の判断がおかしい。



菅災 、人災 と言われているようだ。

菅総理がヘリで被害地を回るのを優先して、東電の対応を色々
遅らせてしまったと見られている。
すぐに判断していれば水素爆発を防げていたかもしれないようだ。


書いていて、これを公開すべきかどうか迷う。


とにかく元を断ってほしい。

出ないと、食糧、水への被害が・・・

posted by ひろさん at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。